これで完璧!バイト履歴書攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット・本などでも、見本となる履歴書の書き方は多数あります。

それらを参考にすれば、まず間違いない言われたのに、
なぜか履歴書選考で落ちてしますあなた。

履歴書の書き方があれば知りたい!!

そう感じたあなたは必見です。
いわれたとおりに、きちんと書いたのになんで?

履歴書を自分のアピールポイントの一つでもあり、

面接前に、書類選考もあります。

自分でもよくできた履歴書を送ってるはずなのに、
自分思うような結果につなががらないこのジレンマを味あったことありませんか?

下記あげる履歴書の3つのポイントを踏まえたうえで、
書き上げていくと、まるで違ったアピールツールとして生きてきます。

あまりにもポイントを押さえていない方多いので、
生かせる履歴書の書き方を知ってもらうことを目的に書いてみました。

1日でも早く仕事に就けるようになれればとうれしいです。

【3つの履歴書重要ポイント】

◆志望動機

自己アピールです。自分の言葉で書きましょう。

インターネット、本からの代用では、心が伝わりません。
例え、1行でも自分の言葉で伝えるのが大事です。

◆本人の希望

・一週間でどのぐらい入れるのか記入。

例:月・水・金・土・日

時間:基本17:00~20:00ぐらいまで。
土日は、10:00~15:00まで入れます。

※事前(2・3日前に)に連絡をいただければ、時間の調整は可能です。

↑  ↑   ↑

※この一筆があるだけでかなり違います。

意外に皆さんかきません。

・年末年始、GW、お盆、祝日は入れるのかどうか。

※理想は、関係なく出れるのが好ましいです。

◆通勤時間

通勤時間は短ければ短いほど理想的です。
職場から近いと、安心してもらえます。

基本は『歩いて○○分』。

交通費が発生する場合は、その金額記入。

例:電車●●~○○ 片道○○円、往復○○円
バス●●~○○ 片道○○円、往復○○円

合計 ○○○円

以上、上記3点は、嘘を決して書かなようにしてください。
相手に対して失礼ですが、自分の首を締めるだけです。

ボロは、必ず出ます。

この3点は、一番時間をかけてでも、
重点を置いてかいてみてください。

この3点は、面接担当が一番知りたいことなのです。

これを参考にして、履歴書書いていただければ、
あなたの履歴書は間違いなく生きてきます。

面接管が知りたいことを詳細に書いてきたことは、
十分アピールにつながり、気配りができる人と判断されますよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加