「きつい!」と言われるバイトをまとめてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイト

バイトと言っても山ほど種類がありますが、今回は「きつい」と言われるバイトについて書いてみたいと思います。

なお、きついバイトは採用されやすかったり、給料がよかったり、メリットもありますので、「絶対やらない方がいいよ!」ということではありません。

また、向き・不向きもあります。
例えば、コミュニケーションの存在。

コミュニケーションを取らずに済む職場の方がいい人もいれば、
がっつりチーム的な職場の方が好き、って人も。

こればっかりは好みの問題なので、そこはあなたに最適化して見てください。

それでは見ていきましょう☆

引っ越し

これは管理人も経験していますが、いや、きついです。

繁忙期は特に儲かります。毎日入れば25~30万はいくでしょう。
ただ、きついです。朝から晩まで4件とかの日には、絶句します。

噂では、会社によってきつさが違うとか。
私は黒い猫さんのところです。

仕事内容は基本的に力作業です。
荷物の積み下ろしと、引っ越し先への搬入作業が主です。

で、エレベーターがあるところは、台車を使えるんでいいんですが、
困るのは、エレベーターがないマンションの4階とか。

しかもそういうところに限って、階段がせまかったりして、冷蔵庫とかタンスを運ぶのが大変なんですよね~。

体力があって、ここぞとばかりに稼ぎたい人以外は避けた方が無難かも。
逆に、体育会系のノリで稼ぎたい人にはオススメです。

工場ライン系

作業の体力的なきつさではまだいいんですが、単調な作業がきついんです。
時間の進まないこと、進まないこと。

このバイトは、時間との戦いです。
それがクリアできる、単純作業に没頭できる人なら攻略可能ですが。
それだけができるか・できないか、の分岐点です。

介護系

やりがいはありますが、体力的にきついのが介護系。

働きながら資格が取れたり、バイトから始めて、正社員への道もあるなど、興味のある人にとってはメリットも大きい業種ですね。

ただ、やはり介護の現場に立つので、責任が伴います。
また、色々な方がいるので、コミュニケーションが取れる人でないと、「出来ない」と言ってもいいと思います。

また現場ではチームプレーが基本です。
特にバイトレベルで一人でできることはほとんどありませんので、チームとして動くことになります。

これも、他のメンバーから色々助けてもらえる半面、コミュニケーションが苦手な人にとってはきついです。

「業界への興味」と「「コミュニケーション」がないとお勧めしません。

建築作業

体力勝負で給料がいい代表格です。
拘束時間は割と長いです。

これもチームプレーになりますが、お金を稼ぐ!と割り切れば乗り切れる職場が多いかも。

ただ、やはり体力は必要です。
また、潔癖の人には絶対向きません。

現場は色々ありますが、基本は建築現場なので、イメージはしやすいでしょう。
まさにあんな感じ。

引っ越し同様、体力に自信がある体育会系の人にオススメですね。

管理人なら、引っ越しよりこっちを選びます。

倉庫内軽作業

意外ときついのがこれ。

某文房具の会社で働いたことありますが、
「朝までにこれ片せって??え?無理じゃね?」
って量がありました。

ベテランさんの手際がよくて、実際にはできたんですが・・・

結構重い箱が多く、腰痛持ちは絶対NG。
ぎっくりに気を付けて。

黙々と作業できるし、時間帯も色々あって、掛け持ちにも適してます。
ただ、やっぱり1に体力2に体力。

体力勝負です。

隙間時間で稼ぎたい人にお勧めしますが、体力に自信がないなら避けましょう。

きついバイトのメリットは?

以上が「王道きついバイト」です。

このあたりのきついバイトのメリットはずばり
【自信がつく】
こと。

この「自信」ですが、意外と大切。
こんなバイトをこなせたんだから、という自信は、色んなことに役立ちます。
もちろん、他のバイトでも。

自信をつけながら給料がもらえるバイトとして捉えると、いい感じじゃないでしょうか。

あなたのバイト選びの参考なれば幸いです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加